chikoのSims3日記

The Sims3のSS中心な日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぼくとシムのまち



bokusim-141115-25.jpg
先日シムズ4のレビュー内にて話題にしたゲーム『ぼくとシムのまち』。今回はこちらのゲームをご紹介したいと思います。
今記事は雑記及び予約投稿記事となりますのでコメント欄等は閉じさせて頂きます。

                                                           




PCのシムズシリーズではゲーム開始時に既に街に住んでいる世帯をアクティブ世帯として動かせたりしますが、
『ぼくとシムのまち』ではゲーム開始時にプレイヤーが操作するキャラを作成します。

bokusim-141115-01.jpg
パーツを選択して作成したのが例えこんなのだとしても。(額に付いている手はマウスポインターです(爆)
操作できるのは開始時に作成したキャラのみとなります。

↑因みにデフォルトでは名前が『シム』。サクッとプレイしたかったのでデフォ名のままにしました。





bokusim-141115-02.jpg
プレイ開始後はロザリン町長が色々とこのゲームの概要?ややるべき事を教えてくれます。所謂チュートリアルでしょうか。

『ぼくとシムのまち』(以下『ぼくシム』)には大まかなストーリー・・・・設定?がありまして
寂れた街にシム(プレイヤーキャラクター)が引っ越して来ることに。
そのシムは、エッセンスと呼ばれる物を使って家具を作成する特別な能力を持っているようです。

街にやって来た旅行者を街に引っ越してくるように誘致していくゲームなのですが
住民が快適に生活が出来るよう、その住民が好むエッセンスを使用してシムが作った家具を各家に設置していきます。

住民達の満足度が上がると街の『スターレベル』がランクアップして、新たな土地を拓く道具が貰えます。
その新しい土地に更に旅行者を誘致して町を発展させてゆきます。最終的なスターレベルは☆5です。





bokusim-141115-03.jpg
エッセンスは、住民と会話した時に上記SS内の女の子(名前はポピーさん)の後ろにある丸くて黄色いアイテムのような物として沸きますので
それを回収したり、公園の木を揺すってリンゴや花の形をしたエッセンスを採取します。





bokusim-141115-04.jpg
街に誘致できる旅行者の数は、その街の区画にある空き家の数だけ。
空き家がなくなったり、いらない住民(特に役割がないタウニー等)が居る場合は、その住民の家を壊して退去させるのです!
何気に酷いシステムだと思いましたけれどシムズ3でも普通にやっていますね(爆)





bokusim-141115-05.jpg
誘致した時にその旅行者用に家を建てるのもPCへの重要な任務なのですが、PCはブロック状の物を組み合わせて外観を構築するだけです。
その時には内装には手出しできないので家具無しかと思いきや、旅行者によってはデフォルトで役割があり、
それに関連した内装が既に施されています。





bokusim-141115-06.jpg
繰り返しになってしまいますが、誘致が成功した後はその住民達の家(内装)を快適環境にしていく、このゲーム。
こちらの女性『DJキャンディ』さんと話して、家具作成の依頼を受けます。





bokusim-141115-07.jpg
クラブっぽい内装の家に住むDJさん。しかし、それっぽい備え付けの家具はスピーカーのみと言うツワモノです。

そこで、
「長い夜のあとで音楽をかけたい時はどうすればいい?ステレオでもあればいいんだけどな。」
『ハッピーのエッセンスを9個使ったステレオ』が欲しい。との依頼を受けました。





ハッピーのエッセンスというのは前述のポピーさんが量産していた黄色いニ〇ちゃんマークです。

bokusim-141115-08.jpg
ハッピーエッセンスは住民と会話する時に出てくるメニューの『やさしくする』を実行し、そのシムが喜ぶと出現します。
作って欲しければ協力しなされ!と、ばかりに女性に優しくしまくるバーコード。否、PC。





bokusim-141115-09.jpg
『やさしくする』と言う行動は、シャボン玉を至近距離で吹いてみたり投げキッスしてみたり、くすぐってみたり・・・・
初対面のシムに対しても平気で展開してゆきます。セクハラだと罵られたりはしないようです()

しかしw恋愛要素は皆無なので、低年齢でも安心してプレイできるゲームとなっております。
EAさんお得意の、ウフフ?何それ(^^)←





bokusim-141115-10.jpg
さてさて、DJさんにセクハラしまくった結果ハッピーエッセンスが40個ほど貯まりました。





bokusim-141115-11.jpg
PC家の隣に建てた作業小屋にて家具を作成していきます。





bokusim-141115-12.jpg
ハッピーエッセンスを9個使ったステレオですか。。。





依頼時や依頼達成時に家具の設計図が貰えるのですが、
bokusim-141115-13.jpg
デフォルトのままですとゴーストモードという便利機能で、大体の完成予想図が見えます。





bokusim-141115-14.jpg
手前にある積み木のような木片を組み合わせて家具を作成するのですが、作成に必要な木片は緑色になって主張しております。
しかし、このまま組み立ててしまうと使用パーツは7個。
依頼はハッピーエッセンス9個使用とのことなので2個足りません。





bokusim-141115-15.jpg
全部設置してみるとあら不思議。ただの木片がスピーカーに早変わりしました(爆)
この能力がPCシムの特殊能力と言うことでしょう。タブン。





bokusim-141115-17.jpg
パーツ数が足りませんので、エッセンスを使用して仕上げていきましょう。
エッセンスはそのまま使用することも出来ますし、塗装用の絵の具(ペンキ?)としても使えますので
まずは所持品欄(プレイ画面右上の赤い鞄)を開いて、必要なエッセンスをクリックしてみます。





bokusim-141115-18.jpg
掴んだ状態になりますので、家具に適当に配置していきます。
この場合はスピーカーの両脇に適当に貼り付けました。

ハッピーのエッセンスを使用すると、ピンクの可愛らしい絵が漂いました。
これは『かわいい』エッセンスと言いまして、ハッピーを使ったことによりその家具の『かわいい』の数値が上がったということです。
その他にも色々な分類のエッセンスがあるので依頼品に合わせて使用していきますよー。

※依頼人達にもそれぞれ好みがありますので、家具をプレゼントする際にはそのシムの好みを考慮しないと友好度が下がってしまいます。





bokusim-141115-19.jpg
さてさて、ペイントツールで家具を塗装していきます。
右下にあるペンキ缶をクリックするとエッセンスが選択出来ますので、ハッピーエッセンスを選択。
一つのエッセンスにつき4パターン色柄がありますので、どの色柄で作成するか、そこはPCの好みやらセンスやらでぺたぺた塗り塗り。





bokusim-141115-20.jpg
星柄ですと横につけたのが悪目立ちしましたので、無地にしました。
管理人はセンスが無いので無謀な冒険はしないタチなんです(´・ω・`)





兎にも角にも。
完成しましたので早速DJさん宅にお届けに参りますぞ!

bokusim-141115-21.jpg
って、家具をサクッと設置するはずがDJさんがレコードで曲芸してたから一緒に遊んでしまった!!





いかん、いかん。バーコードには街のスターレベルを上げるという重要な任務があるのでした。
画面左上にスターレベルが主張しておりますので頑張ります。それなりに程良く。
bokusim-141115-22.jpg
プレゼントする・・・・だったでしょか(曖昧でスミマセン><;)
それを選ぶと内装編集画面になりますので、持ってきた家具を所持品から出して設置します。

相手の趣味や依頼に沿った物ですと、設置と同時に友好度もアップしました。





bokusim-141115-23.jpg
依頼達成時には報酬として家具の設計図を貰えることがあります。
これはソファを作ってDJに貢いで!と言う意味合いなのでしょうね(笑)





bokusim-141115-24.jpg
そんなこんなで、ダンスを踊る暇もなく・・・町の発展の為にバーコードは次の依頼を受けるのであった。

所謂、パシリゲーでございます。
可愛い見た目のシムでも良いという方や物を作ったりするのが好きな方には、オススメのゲームとなっております(^^)




  1. 2014/11/19(水) 12:00:00|
  2. 雑記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。