chikoのSims3日記

The Sims3のSS中心な日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラムボットのバグは直る?

シムフレンドさんのとある記事を拝見する度に、ITFのボット製作マシンで作ったプラムボットの存在を
毎度思い出しては忘却の彼方へと押しやっておく、薄情な管理人です。
だってうちのITF用世帯自体がバグってるのですもの(`・ω・´)(←自慢になりませんw)

新規の街に引っ越しまして、季節をまた冬にしたらシムズの中でも大雪が降りました。

胸毛も凍る
庭に涌いていたラウンジ・リザードたちの頭上やら胸毛にまで雪が積もってしまいましたよ(爆)

                                            




オスカー様も凍えそう?
薄着で裸足状態オスカー様が凍えないように祈りつつ。フリーウィルで放置。



ボットの実験のために、まずはボット製作担当ディオの所持品チェックであります。

ディオの所持品欄
あれ?!素材や作っておいた特質チップがなくなってる!?

あぁ・・・世帯をカタログセーブしたから所持品がなくなったんですね。分かります(爆)
ぐぎぎ・・・



実験用ボットを作る
手ぶら状態でまずはMV街に設置したボット販売所へとやって来ました。
特質チップは後で買うとして。なにはともあれ、プラムボットを一体作成します。



実験用ボット-プロトタイプ
パーツを適当に組み合わせまして、名前もサイコロで決定。
実験用の彼女の名前は『プロトタイプ』です。



チューンアップで地味にup
早速、ディオが願望を出したのでチューンアップを一度して、プラムボットの品質が上がりました。



ヨロシクー
ただ単に、管理人がこの挨拶?がみたくてやらせているという噂も(笑)



カモですから
その後、実験用ボットに入れる特質チップや素材を購入しました。



特質チップは購入
所持金に物を言わせて書籍以外をガッポリと(笑)
オスカー様が稼いだお金を、親戚が自由に散財する素敵なプレイであります。



特質チップ調整する
特質チップを調整しちゃいましょう~




実験用に入れた特質
実験用に入れた特質は、
『感情シミュレーション』『器用ボット』『知覚』『無限学習』『有能な掃除人』『労働ロボ』『音楽マシン』
えぇまぁ・・・TE・KI・TO・Uであります(爆)



これで、準備は整ったかな~・・・

使用不可状態の販売台
と、ボット専用の販売台をクリックして見るも、無反応。
そうでした。ノンアクティブ世帯のシム達が勝手に購入しないように、商品台のプラムボットをチートで消したんでしたw


チート『testingCheatsEnabled true』効果中に、新しい商品台を設置します。

実験機材を持たせる
そのついでに、ボットに持たせる為のジェットパックも床に置いて



所持品にジェットパック
ボットでそれを拾って所持品に入ったのを確認したところで、実験の準備は完了です。

※この実験は、手荷物バグやその他のバグを起こしてしまったプラムボットの対処法を考えて、その事についての実験と
 なりますが、よくある対処法だと思われますので既存だったらスルーして下さい(^^;)



プラムボットを売却する
ボット販売台をクリックして、作ったばかりのプラムボット『プロトタイプ』を売却します!


実験するだけだから
リアル数分前に誕生したばかりで思い出も何もないけれど、ごめんねw
と、管理人はちょっぴり罪悪感に駆られもしたのですが



本音がみえみえ?
ボットの創造主であるディオにとってはそうでもなかったようで・・・
さすがに、そのものズバリ!なお金を思い浮かべるのはやめてあげて(´・ω・`)



売却確認
ま、何を言ったところで、売却するには変わりないのですけども・・・w
売却の確認を念押しされるので、『はい』を押して承諾します。


誠実とは微妙なタイミング

と、この時、このタイミングで永遠に誠実ムードが付きました。
確かに、サンドラちゃんに対しては誠実でしょうけど、複雑な心境になってしまいます(^^;)



ボットが収まり
ボットには誠実ではないかもしれないディオ君は、神妙なお顔で販売台にボットを誘導します。
なにやら装置が起動してますよ~?



創造主は嬉しそうだ
装置に収まったプロトタイプがガックリと項垂れたところで、ディオが会心の笑顔です。
高慢ちきな彼にとっては、自作のプラムボットの売却はこの上なく素敵な出来事なのでしょうね。



謎の装置が起動
元々展示されていた緑色のボットの姿が消えて、自作のボットが展示されました。



売り物になりました。
展示されたボットの性能を調べてみますと、ディオが調整したままになっているようでした。
展示されていた緑色のボットは2,000シムオリオンでしたのに、ディオのボットは高いwww

売るだけなら、ウマウマな職業でございますね!>m<



と、さてさて。検証実験はここからとなります!

売却したボットを購入する
ウマウマで売却したボットを、購入しますよー!



再度家族に
自作ボットの購入価格は、§9,198でした。

買うとなると、急にお高く感じますが(笑)
お金ならオスカー様が稼いでくれるので、まぁいいのです。
管理人はそれを湯水の如く使うのみ・・・w



機能を説明する
購入完了すると、再び家族となったボットが機能を説明してくれてます。
シムオロジーの方でも、特質チップに異常はありませんでした。



名前は変わってる
しかし、一度売却して再購入すると、同じボットとはいえ、名前が変わってしまう仕様のようです。
管理人は、以前、他のブロガー様の記事で拝見してはいましたが、ちょっぴり複雑な心境ですねw



そしてそして!ここが肝心なのですが、

所持品は空に
購入したボットのムードはリセットされ、所持品欄は空っぽでした。

ボットの手荷物バグの場合は、この方法が効いてくれたら嬉しいですね(^^)



消えないでね?
最初に作ったプラムボットは行方不明のままですし、アンビションのボットと同様に急にプレイ動作が重くなったので、
この、実験用のMV世帯は封印となりそうですw(爆)


テーマ:The Sims3 - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/02/27(木) 22:58:35|
  2. 番外編
  3. | コメント:0
<<3月用TOP画に替えました。 | ホーム | たまには堪能したいこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。