chikoのSims3日記

The Sims3のSS中心な日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リフォーム終了

まだまだ多人数
Roaring Heightsでの家の建築が漸く終わりました。

                                            




建築の前にITF用の世帯のバグ対処などをしていたので、建築前から既にグッタリしておりましたが
一応、シム達が住めるようにはなったはず。センス皆無な管理人なので期待してはいけませんですよ?(爆)

地味なような
元々建っていた家は白い外壁だったのでそれを緑に変えました。窓やドアなどの色使いは元のまま使用です。



RHメイン家-1階
1階にはダイニングキッチンとリビング。そしてベビー部屋です。

当初は正面の外側に2階への階段を設置していたのですが、正面玄関設定がうまくリセットされず・・・
シム達の集合場所が2階になってしまいましたので、階段は撤去してITFのエレベーターを設置しました(^^;)



RHメイン家-2階
2階は寝室と水回りのみなので、造りは適当であります(`・ω・´)ゞ



ところで!

義理の親戚は彼の標的
メイン世帯に残らせることになったオミなのですが、RH街の付属品である車をクリックしてみたところ、
またもや・・・・『車の中でいちゃつく』だの、キスするだののコマンドが選択できたのです・・・(爆)



オミの可能性は多数あり
リストを見てみたところ、ジュリー以外のマッハ一族は彼の標的へとなり得る存在でした・・・orz

管理人的にはメイン夫婦(オミの祖父母)とジュリー(祖父の兄弟)が無事なら、それでいいとおもいます。えぇ。
そういえば、非常識なルクレティアの標的にもなり得るんでした。これは楽しみですね!
と、いうことで?誘惑的な若年シムが3人になったメイン世帯は騒動の宝庫なので、目が離せないようです。
ノンアクティブにしたら家庭崩壊する様が目撃できませんからね!(←ヲィww)

ランツの婚活はストーリーMOD様に任せてみて、良い結果が出そうなら、それを採用したいと思います(^^)
あぁでも・・・・ブッチャケますとヘレンちゃんの方が気になるのですけどね!(笑)
でも、フランシスちゃんは元が美人さんだから、子供の見た目は安定してくれそうですし・・・
ウゥ・・・。ランツと相性の良いのはどちらなのか、結果が楽しみです!

これでお嬢さん2人を他の街シム男性に奪われたら笑えませんが・・・そうなったら整形前の見た目に戻すと致しましょう。


------

さて、ここからは少々他の世帯のお話になります。

記事の上の方でチラッと書きました、ITF世帯のバグ。この症状は贈り物パーティーを開く前から起きていました。

HQ入れたまま作業
前記事にも載せたSSなのですが、実は、パーティー前後から世帯のサムネイルが表示されなくなっていたのです。
そして今回街の編集画面にて、漸くバグの元になってしまったものを切り離すことができました。



問題はやはり
左側にあるクリップボードの下の段にサムネイルが表示されてない世帯がありますよね?



実は、

いったいどこへ
ディオが作成したプラムボット(ロボ子2号)が、世帯プレイアイコンから、消え失せていたんです。
プレイ中にMODでどうにかしようにも、姿も消えてしまってましたし、アイコンも表示されないしで・・・対処できず。
世帯を分割してみても、ロボ子のサムネイルが復活してません(汗)




サムネイル復活
しかし・・・ロボ子を世帯から分割したことにより、自シム達の世帯のサムネイルは復活しました。
アンビションのシムボット(初代ロボ子)も、このモンテヴィスタの世帯とは相性が悪かったのですよね・・・(^^;)
またしてもボットを見捨てることになろうとは・・・orz

でも、もう良いのです・・・。このITF用の世帯にはボットファンなアンジェとディオがいますので、
ダンボール製の偽ボットならいつでも見られますから><

と、いうか・・・ユートピアの観光が終わったらこのデータは用済みになりますのに、いつまでかかるのでしょうね?
・・・って、管理人は誰に聞いているのでしょうか(爆)




← メイン世帯 Roaring Heights編5
  メイン世帯 Roaring Heights編7 →

テーマ:The Sims3 - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/02/03(月) 04:36:05|
  2. メイン世帯
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。