chikoのSims3日記

The Sims3のSS中心な日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オスカー様生誕の日♪

今年もこの日がやってまいりました!
12月21日は炎の守護聖オスカー様のお誕生日です。

いきなり私事になってしまいますが、直前に腰痛で一週間寝込むという大失態をやらかした管理人・・・(汗)
オスカー様のお誕生日に会わせて企画を立てていたものの・・・間に合うかどうか本当に賭でした。
それでもオスカー様への愛故(大げさ?w)にストーリー調のポーズ撮影を頑張りましたので、
宜しかったら続きからご覧下さいませ!_(._.)_

                                            




※ネオロマンスゲームが元ネタなので管理人は乙女チックモード(笑)をONにして頑張りました。
 が、かなり妄想文な構成かもしれません。内容的には去年のお誕生日企画の駄文の続きとなっている・・・・はず?

それでは・・・・オスカー様のお誕生日記念企画レビューの始まりはじまりー♪





故郷にて二人
オスカー様の故郷、草原の惑星に移住してもう何年になるだろう・・・。
他の誰にも祝福されなくても、貴方と一緒に居たい・・・。それだけを願ってた。





草原でピクニック
「もうすっかり寒くなりましたね、オスカー様。そろそろクリスマスの準備も始めなくっちゃ」
「アンジェリーク。また、『様』が付いてるぞ?」
「あ!・・・また言っちゃった?!ごめんなさ~い」

町が一望できる丘でのピクニックは二人の素敵な習慣。
穏やかな時間が流れるこの惑星での生活は、以前のオスカー様から考えると物足りないんじゃないかな?って思ったのだけど
慣れ親しんだ故郷で、私と一緒に居られればそれだけで良いんだって。





女王時代を思い出し
女王候補としてロザリアと共に女王試験を受けて・・・あの人と過ごす未来よりも、宇宙の未来を選んで即位したあの時・・・





女王謁見の間-01
涙を堪えるのに必死だったけど、即位式には炎の守護聖としてあの人もいてくれたから。
だから、頑張れる。・・・って思ったの。あの人に『サヨナラ』って言ったのは私なのに・・・。
ホント・・・勝手だよね、私。





女王謁見の間-02
それから何十年、何百年もあの人の・・・ううん、守護聖様方の支えもあって歴代の女王よりも長い刻を聖地で過ごしたわ。




自然と視線が
それでも月日が経って、守護聖様達はサクリア消失の兆しが出ると若い守護聖候補へと役目を交代して、聖地から去っていくのだけれど。
あの人だけは変わらずに私の側にいてくれて・・・。とても心強かったの。

それと同時に、炎のサクリア消失の兆しが全くないのが不思議だった。





見つめるのはただ一人
そして、あの人のサクリアは私の女王サクリアが衰えていくのと同じ頃に兆しが出始めた・・・。
今思えば・・・あの人の炎のサクリアが消失されないように、私の内の女王のサクリアが無意識に補っていたのかもしれない。

でも、今となっては分からないのだけれど・・・。






この時間も愛おしい
「オスカー様?私、この惑星もアグネシカも、大好きよ。もちろんオスカー様の事も。」
「うん?オレはアグネシカの次なのか?酷いな、お嬢ちゃん」





二人と愛馬と
「あら、貴方の馬だから好きなのよ?」
「そうか?」


嬉しくて楽しくて・・・アグネシカにギュッと抱きついていたいたのだけれど、
オスカー様の愛馬であるアグネシカは、迷惑そうに立ち上がって草を食みだしてしまった。


昔のままの貴方
「アグネシカがやきもち焼いてるぞ?お嬢ちゃんが可愛いからだな」
「なに言ってるんですか、もう!」

寄りかかって居た彼女が立ち上がってしまうと、オスカー様は決まって私の膝を枕にしてくる。
最初の頃はなんだか気恥ずかしかったのだけれど、いつの間にかこれも習慣になっちゃった。





突然の来訪者
「オスカー様?」
「良いから、このままで。な?それに・・・」

近くで車のドアが閉まる音がしたからご近所の方だと思って慌ててオスカー様を退かそうとしたのだけれど、
オスカー様に笑顔で拒否された・・・。この人の笑顔には昔から敵わないな。




懐かしい人
「この気配は近所の奴らじゃない。もっと、迷惑な部類だ・・・」
「ちょっと、離してくださいってば!」

後ろを確認したいのに、優しく・・・しかし、がっちりと肩を掴まれているので身動きがとれない・・・。
でも、迷惑と言いながらも警戒してないみたいだから、大丈夫なのかな?とは思うのだけれど。

アグネシカ、助けて!





ご用かな?
「おい、エルンスト。他の宇宙にいるはずの現役『鋼の守護聖サマ』が、何しに来た?」
「おやおや。お声を掛ける前に気付かれるとは、さすが元・炎の守護聖様ですね。」

「エ、エルンスト様?!何故ここに?!」

数秒後。私はオスカー様の耳を引っ張って無理矢理退かして、慌てて振り返っていた。





用件は?
「それで?貴方がこの地に来るなんて・・・。何か重大な事件でも発生したの?」

突然私たちの元へ訪ねてきたこの男性は、私が統治していた神鳥の宇宙とは違う宇宙。聖獣の宇宙の『鋼の守護聖エルンスト』
元々は神鳥の宇宙の主星にある王立研究院で、主任研究員をしていたエリートさんだ。




複雑なのかな?
「あ、いえ。重大と言う程でもないかもしれません。」
「なぁんだぁ~・・・ツマンナイノ」
「オイオイ、お嬢ちゃん・・・」

私の呟きが聞こえてしまったらしいエルンストは、一つ咳払いをした後に身を乗り出して説明し始めた。
ちょっとした冗談だったのに・・・。相変わらずの生真面目さんみたい。





突然の提案
「最近。鋼の力が目覚ましく発展して、タイムマシンでの旅行が流行っているのはご存じでしょうか?」
「あぁ。この惑星にはないが、主星では流行っているのは噂で聞いてるぜ?」

お話しが難しくなりそうな予感がするのだけれど、事件の香りがするのかな?!





引き留め作戦?
「リスクもあるといえば、ある。らしいが・・・。事件や事故が起きたとは聞かないな。」
「えぇ。時空移動と同じく比較的手軽な手段で行けますから。それで、ですね。実は・・・」

エルンストがわざわざ私たちを訪ねてきた用件とは、ユートピアと言われる未来の、調査依頼だった。
何故か、オスカー様のみに頼んでいる。





大きなため息
「あのっ!私が行きます!」
「・・・・・・言うと思った。」

オスカー様に大きなため息をつかれちゃった。
でも、オスカー様だけだなんてズルイ!





引き留め作戦2
「あのな?お嬢ちゃんは元、女王陛下なんだぞ?単独でなんて行かせられるわけがないだろ?」
「だって、私が前女王陛下から引き継いで、そして誕生させ育んだ宇宙なのよ?私が行かないでどうするの?」

神鳥の宇宙は、私の・・・そして、守護聖様方の子供みたいなものよ。と、私の想いをオスカー様にぶつける。
その際にチョットだけ女王時代のオーラも漂わせてみたのだけれど。



勝っちゃった!
「・・・・・あぁ、わかった。お嬢ちゃんの気持ちはわかりましたから、オレも一緒に行きますからね?!」

勝った・・・!オスカー様が動揺して敬語になっちゃってる。私のオスカー様は可愛いなぁ♪
あ、可愛いって言うのはオスカー様にはひみつよ?




私におまかせ!
「と、言うことでエルンスト。私たちに任せて下さい!」

やや押し気味だけど私の宇宙の、しかも、幸せな未来に行けるなんて嬉しいな~♪
エルンストの部下達の事前調査によると、私とオスカー様の子孫も存在するんですって!





呆れる来訪者
「楽しみね、オスカー様♪」
「・・・・・・あぁ。」

出発は早い方が良いから、明日って事になったのだけど・・・準備しなくっちゃね!
オスカー様と私の二人分だから準備が忙しいけれど、頑張ろうっと。

「現地に着いたらタイムトラベル担当の者が世話役として滞在しますので、詳しいことは彼に・・・・って、聞いてませんね」

エルンストはまた一つため息をつくと、時間移動用のタイムポータルを庭に設置してから、この町のホテルへと帰ってしまった。
エルンストはついでにこの惑星にある研究院に顔を出してから、聖獣の宇宙へと帰るそうだ。





出発前夜は大人の時間?
「おぉっと、お嬢ちゃん?お気に入りの帽子を被ってどちらにお出かけですかな?」
「わぁ!?びっくりした~!」

丘にある別荘のクリスマスの飾り付けを終わらせてから、旅行の準備をしたのだけど。
その時にオスカー様が何故かグッタリしてたから、調査旅行には私一人で行っちゃっおうかな?と思って。なんて・・・
騎士だった頃を彷彿とさせる、鋭い眼光で睨んでくるオスカー様には・・・言えないよね。
怒られるだけだもの。





元守護聖様の護衛付き
「・・・・・・と、貴女にはいつも言っていますでしょう?いいですね?」
「・・・・・・ハイ。軽率な真似をしようとして、ごめんなさい。反省してます。」

結局。あの後夜が明けるまで説教されちゃった。
さすが元、ジュリアスの部下だよね。怒ると怖いところなんかソックリ。






結局奥様に弱い
「私ね?オスカー様が居ないと、だめなの・・・。頼りにしてますからね?私の大事な旦那様?」
「フッ・・・。相変わらず可愛い奥様だよな、君は。」

敵わないなぁ・・・だなんて、オスカー様は呟いていたけど、私の方こそ!って感じだよ?お互い様だね。





二人で行こう!
「じゃあ、早速行きましょう!」
「ちょっと待て、危ないから手を繋いでいくぞ?」
「わぁい♪」

ではでは、オスカー様と二人っきりの調査旅行に行ってきま~す!





二人でどこへでも







------

はい、妄想駄文でした(爆)
今年も、力を出し切った感が漂っている割に妄想が暴走しておりますがwww
とりあえず~・・・オスカー様 お誕生日おめでとうございま~す♪

ポーズ作り(しかし2個だけw)から始まった今年のお誕生日企画。正直間に合いそうもないと思っていただけあって
無事に記事が仕上がったことに安堵してます。
物語についてですが、今回は通常レビューでは滅多に喋らせない、アンジェリーク目線で進めてみました。
あと、ITFをまだまだプレイ中なので、今後の通常レビューに繋げやすいような内容にしてみましたよw

次回からはメイン世帯でユートピアに行きますが、この夫婦だけで行こうかなー・・・どうしようかな?(笑)
チャンスなどは終わってますし、観光だけだもの。1~2回で終わりそうな予感もするのですけどね・・・w
クリスマスは・・・シムズのパーティはメンドイので置いておいて、
今回のストーリーのワンシーンをXmas用トップ画像にする予定です。

ここまで読んで下さった読者様方、駄文大変失礼致しました。
お付き合い下さり、ありがとうございました!

素敵なポーズを配布して下さっている職人様方にも、多大なる感謝を捧げます。_(._.)_




撮影こぼれ話 →

テーマ:The Sims3 - ジャンル:ゲーム

  1. 2013/12/21(土) 00:00:00|
  2. ポーズ他
  3. | コメント:2
<<撮影こぼれ話 | ホーム | 我がもの顔>>

コメント

chikoさんこんばんはー^^
おー!去年のお誕生日企画からもう一年経ったのですね!!早いですねー!
去年のストーリー仕立てもとても素敵で記憶に鮮やかに残っていますよ^^
今回のストーリー調なお話も素敵でしたー(。→∀←。)

普段おしどり夫婦としてのお二人の仲睦まじい様子はもう当たり前のように微笑ましく拝見してますが、
なるほど、こういった経緯があって結ばれたお二人なのかと知ると、感慨深いものがありますね!
>それから何十年、何百年もあの人の・・・
愛するオスカー様と結ばれないままそんなに長い年月を...と思うと切なくなったけど、常にオスカー様が側で見守っていてくれたなら...
とも思えたので良かった!レビューで登場する他の守護聖キャラの方々もこういう立ち居地なのかと改めて知ったという!
...乙女ゲーだから攻略対象が変れば立ち居地も変わるんでしょうけど(笑)

そしてアンジェちゃんが退位した後、やっと二人でも幸せな暮らしが始まるなんて素敵です~(´ω`)
ここからは元ネタではなくchikoさんのオスカー様とアンジェちゃんオリジナルのシナリオなんですよね?
元ネタの方でも退位後の二人の話なんかもあったりするのかな?
普段からお熱いお二人ですがストーリー調に台詞があったりすると、より一層熱々ムードが溢れてて素敵///
やっと二人きりで幸せになれたのだと思うと、良かった~><という思いになってしまいます~^^
アンジェちゃんが女王オーラを出したら敬語になってしまうオスカー様とか...萌える/////
オスカー様はアンジェちゃんには敵わないんだなぁ~(*´∀`*)
女王としてのアンジェちゃんと惚れた女性という弱み的な?(笑)素敵だと思います♥

後半はレビューに繋がるようなオリジナルの展開になっていて面白いですね。
そんな脳内妄想でプレイを進めていくというのも楽しいですね!
アンジェちゃんの語りというのも新鮮でとっても楽しませて頂きました♪
アンジェちゃんが最近被ってる帽子(付きヘア?)もとっても似合ってて私好きでーす^^
お疲れ様でした!クリスマスTOPも楽しみにしています!
素敵な記事をありがとうでした!オスカー様、誕生日おめでとうございましたー!(*^ワ^*)
  1. 2013/12/21(土) 20:53:29 |
  2. URL |
  3. mirumom #-
  4. [ 編集 ]

>mirumom様へ♪

miruさんこんばんはー!

キャー///前回から進歩のない駄文なのに、今年もmiruさんに見て頂けて嬉しいです><
いやもう・・・素敵だなんて!(アセアセ)
いつも素敵なストーリーを紡がれているmiruさんにそう言っていただけて恐縮です。
ありがとうございます!(T-T)

ホントに早いですよね~!あっという間に1年経っちゃったなぁと、シミジミしちゃいましたよ(^^;)
年末の忙しい時期に誕生日とか・・・スルーしたい気もしますけど、やっちゃったw(爆)
琉夏君とかもそうだと思うけど、ゲームキャラはあまり年取らないのにね。
お祝いしたくなっちゃうのが不思議ですね(笑)

最近の少人数世帯でのメイン夫婦は年中イチャコラしてますので、
ある意味妄想しやすかったと言いますか・・・w
アンジェリークというゲームは、即位して終わりのエンドと、恋愛エンドがあって
去年の企画駄文の方でオスカー様が語った(?)のが、告白エンド(バッドエンド)です。
ゲームとしては、即位or恋愛(告白成功含む)エンドを迎えると、
『続きはあなたの心の中で・・・』とか言う一文が表示されてゲームクリアになりますね~。
チューは寸止め・・・というか、守護聖様はキスシーン厳禁だった気がします(笑)
ときメモGSも古き良き乙女ゲーだから、エンドシーンは似たような感じだったね(^^)
今時の乙女ゲーが過激なだけなのかもだけどーw

退位後のお話しは公式ではないみたいです。
その分?ファンによる二次元小説とかでは、エンド後の話を書いてる方が多いですね。

そんなこんなで。今回のストーリー仕立ても、去年の告白バッドエンド→即位。
から派生した続きふうにしてみました。
(うちのレビューのアンジェ達が、そうなると良いなぁ・・・を形にしたくて、作ったシムだからね(^^)

自分の使命を優先したアンジェをただ黙って見守ってくれている守護聖様・・・。
凄く切ないのだろうなぁと思うのですが、私に文才がないばっかりに中途半端な表現になってしまい・・・。心苦しいです。
守護聖様方の説明も去年は端折ったしね!(爆)
他の守護聖様がアンジェのお相手だった場合は、オスカー様は悪いオオカミさんな
立ち位置になること間違いなし!w

ただ、今回の物語の最後にはハルト達も出したかったのだけど、
私の文章表現力が致命的なのでね・・・
誕生日の1日分のレビューじゃ収まらないので、断念しました(^^;)

お尻に敷かれているオスカー様とか萌えるので、敬語になっちゃうのを採用したのですが
miruさんにも萌えていただけて嬉しいわ~(〃〃)

そう!脳内設定があると、プレイが更に楽しくなりますよね!
うちのオスカー様はプレイ時もアンジェ願望一色だし//// (アンジェはそうでもないけど)
ベタ惚れな旦那様を手玉に取るゲームとかムネアツ!

そして、アンジェの帽子姿にまでありがとうございます♪
公式ストアのものにしてはちゃんと髪の毛が付いてる(笑)ので、お気に入りになってしまいました^^
ああいう小物も、『オスカー様のプレゼント』とかだったら萌えるなぁ・・・とかねwww
妄想が暴走し始めると止まらなくなるので危険よね!w

クリスマスTOPも楽しみと言って頂けて嬉しいです。
いつも丁寧なコメントありがとうございます。とても嬉しいです(〃^^〃)
オスカー様へのお祝いのお言葉もありがとうございましたー!
  1. 2013/12/21(土) 23:04:24 |
  2. URL |
  3. chiko #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。